そもそも中古ドメインとは

11月 4th, 2013

中古ドメインとは、以前他の人がサイトの運営に使用していたドメインで、現在すでに使われていないものを言います。

ウェブサイトには必ず「ドメイン」と言われる、URLの一部分になる文字列があるのですが、当然のことながらこれは他の人と同じにすることはできません。

重複する場合は早いもの勝ちなので一度他の人に同じドメインを取得されてしまうと、そのドメインでホームページを開設することはできないのですが、

元々のサイトが閉鎖することで、再度そのドメインを取得する事が可能になります。

また、ドメインは被リンク数などのSEOに関する情報を保持していますので、中古ドメインを取得することで、そのようなSEO効果を期待することができる、ということです。

さらに詳しい情報は、以下のサイトに色々載っているので参考にしてみて下さい。

中古ドメインならプラチナドメイン

ネットを見ていたらたまたま見つけたのですが、ドメインや中古ドメインについていろいろ書かれていて

非常に参考になります。

 

中古ドメインを取得するメリットについて

10月 30th, 2013

では、なぜ独自ドメインを取得するのではなく、誰かが以前運営していたサイトの中古ドメインを取得する必要があるのでしょうか。

それは、以前誰かが運営していたからこそのメリットがあるからです。

検索エンジンは運営の長いサイトの方が評価が高い傾向にあります。

つまりページランクが高い傾向にあるのです。

1から独自ドメインを取得し、運営期間が半年のサイトと、以前誰かが3年間運営していたサイトの中古ドメインでは、後者の方が検索エンジンの評価は上なのです。

またバックリンクの点でも独自ドメインよりもメリットがあります。

1から作った新規サイトは、自分でバックリンクを増やす努力をする必要がありますが、中古ドメインの場合は、バックリンクは以前のサイトのまま残っていることが多いのです。

数年前まではバックリンクの多いサイトをより検索エンジンは評価する傾向にありました。

現在では色々とアルゴリズムに変化があって、評価は以前ほどではないですが、それでもリンクを辿って訪問する人もいるので、メリットと言えるでしょう。

LANのドメインのメリットとは一体何なのか?

10月 30th, 2013

ドメインでLANを構築した場合、同一ドメイン内のどのクライアントからでも、自分のIDやパスワードでログオンすることが可能です。

しかも自分のデスクトップの画面やインターネットのお気に入りなども同じように表示できるようになります。

従って、万一自分のコンピュータが修理で手元にない場合でも、同一ドメイン内の他のコンピュータから自分のIDとパスワードを使ってログオンすれば、これまでと同じ作業ができるのです。

なぜなら、自分のコンピュータの設定情報をサーバーが保持しているため、どのクライアントからでもそれを利用することができるようになっているのです。

これを移動ユーザープロファイルと言います。

このように、各クライアントは、どこからでも、ドメインのもつ共有資源を利用することができ、とても便利です。

ただ、ワークグループの場合に比べてコンピュータの起動時の速度がやや遅くなる恐れはあります。

ドメインの書き方のルール

10月 30th, 2013

ドメインの書き方には規則があります。

ドメインは、「www.hoge.co.jp」のような文字列で表現されます。

.(ピリオド)で区切られた単語が並んでいるのが分かると思います。

ピリオドで区切られた文字列はラベルといい、右から、トップレベルドメイン、第2レベルドメイン、第3レベルドメイン、という順序で呼ばれます。

ラベルはそれぞれ63文字以下の文字列になります。

ドメイン全体としては、ピリオドも含めて255文字以下の長さの制限があります。

さて、トップレベルドメインを見ると、「jp」と書かれています。これは国を示します。

第2レベルは「co」ですが、これは企業を意味します。

第3レベルは「hoge」で、これは組織などの固有名を示しています。

最後は「www」で、ウェブサーバを示しています。

上のレベルにいくほど広い分類になり、下のレベルにいくほど分類が絞られてきます。

これがドメインの書き方のルールです。

ドメインの種類

10月 30th, 2013

ドメインを取得する際に、特に重要視されているのが、トップレベルドメイン(TLD)です。

これはドメイン名をドットで分けた時に、一番最後に来る部分を言います。

代表的なもので「.com」や「.net」、「.org」などのジェネリックトップレベルドメイン(gTLD)の他、割り当て地域を意味する「.jp」や「.uk」、「.us」といった国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)などがあります。

この他にもアメリカ合衆国の政府機関や国際的な政府機関が使うものなど特殊なものもあるのですが、

一般的に企業や個人で取得して良く使われているドメインは、ジェネリックトップレベルドメインと国別コードトップレベルドメインです。

これらのドメインには、それぞれに人気、不人気があったりして、トップドメインによって新規に取得する料金が異なったりします。